院長ブログ

院長の症例解説

表参道美容外科クリニックTOP > 院長の症例解説 > 口元のヒアルロン酸注入☆マリオネットライン・口上の縦ジワ編

口元のヒアルロン酸注入☆マリオネットライン・口上の縦ジワ編

更新日:2019.02.04
記事カテゴリー:院長の症例解説

口元は、ほうれい線

マリオネットライン、

口の上の縦じわ

など、年齢とともにシワが出来やすい部分です。

表参道美容外科クリニックでも、ヒアルロン酸注入のご相談で最も多い部位が口元です。

 

ほうれい線は分かるけど、マリオネットラインってどこ??

という方も多いかと思います。

マリオネット(操り人形)のように、口角の下からアゴにかけて出ている線です。

腹話術の人形もマリオネットラインがくっきり強調されていますね。

年齢とともに進行する、タルミによってマリオネットラインは目立っていきます。

一度たるんでしまった皮膚は自宅でのケアやマッサージで改善するのは困難です。

ヒアルロン酸注入やサーマクールCPTでの治療が一番効果的で改善の近道です。

 

今回ご紹介のモニター様は、

マリオネットラインへのヒアルロン酸注入、

口の上へのヒアルロン酸注入、

リフトアップのヒアルロン酸注入をされました。

 

口の上は、口をすぼめた時に唇の上に出る縦ジワです。

お食事をしたり、ストローで飲み物を飲んだりすると特に目立つ部位です。

シワになる動きを長年繰り返ししていることで、口をすぼめなくてもシワがくっきりしてしまいます。

 

Before

 

After(注入直後)

ヒアルロン酸 口元に注入 当日

治療名 ヒアルロン酸注入

副作用 一時的な赤み、内出血が出る事があります。

料金 エセリスベーシック 0.5cc  28,000円  1.0cc 54,000円

※注入量はシワの深さや本数により変動します。

 

凹んでいたマリオネットラインがふっくらして、かなり改善しました!

フラットに近い状態になっていますね。

口の上の縦ジワもくっきり刻まれていましたが、すっかり目立たなくなりました。

リフトアップのヒアルロン酸注入もされていますので、頬の位置が高くなり、ほうれい線のたるみもかなり少なくなっています。

全体的にとても若々しい印象になりました。

治療直後の写真ですが、腫れや内出血などもなく自然な仕上がりです。

 

表参道美容外科クリニックでは、患者様が心配される「内出血のしにくい治療」にも力を入れております。

①マジックニードルの使用

先端の丸い特殊なカニューレで注入をすることで、内出血のリスクを抑えます。

一方でカニューレによって広げた空間にコラーゲン再生する効果も期待して使用しています。

 

②静脈可視装置の使用

静脈を可視化できるスキャナーで血管の位置を確認してから治療をしますので、内出血の可能性を大幅に減少できます。解剖学をどんなに熟知していても実際の血管の正確な位置まではわかりません。

この機器を使うと少なくとも表面の静脈は可視できるので非常に役立っております。

※内出血は100%ないと保障するものではございません。

 

③院長一貫性の治療

患者様のご要望を重視し、施術でお応えできるよう努めています。

ヒアルロン酸注入は経験に基づいた確かな技術と知識が必須と考えています。

当院では、ヒアルロン酸注入はすべての患者様を私が担当しております。

担当医による技術差を回避し、次回いらっしゃる時(たとえ何年後でも)同じドクターの方がより治療結果をフィードバックできて、さらに良い結果が出せるし、患者様もそのほうが安心だという思いがあるので、そのようにしております。

 

カウンセリングは無料です。

加齢とともにシワやたるみが気になってきたら、ヒアルロン酸注入のことはもちろん、アンチエイジングことなら何でもぜひ一度ご相談くださいね。

 

 

ヒアルロン酸注入についてはこちら>>>

無料カウンセリング予約はこちら>>>

お気軽にご相談ください 0120-333-929 03-6450-5865
  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談
  • モニター募集