院長ブログ

院長ブログ

表参道美容外科クリニックTOP > 院長ブログ > Xcell(エクセル) モニターさん ヒップの下のたるみでもできますか?

Xcell(エクセル) モニターさん ヒップの下のたるみでもできますか?

更新日:2014.09.26
記事カテゴリー:院長ブログ

 

今日は、お尻の脂肪の痩身法についてです。

 

美容外科でヒップの痩身というと脂肪吸引をまずは思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

ところが、、、

脂肪吸引でおしりの脂肪と取り除いた場合、ヒップが下がってしまう可能性があります。

 

わかりやすく例えると横にふくらました風船の空気が抜けると重力で風船は下に垂れますよね。。。

おしりが垂れて、まさにその状態になるのです。

 

海外では、おしりの形をかっこよくするのに脂肪吸引でお尻の脂肪の減量ではなく、逆にヒップの上部にシリコンをいれてヒップアップすることが多いのです。

ところが、日本人やアジア圏の民族のヒップの形は、ヒップの上部の筋肉(大臀筋、中臀筋)が発達していないので扁平で下がっている形のヒップの人が多いようです。

 

なのでヒップ下部の脂肪吸引は注意が必要、もしくは避けた方が良い場合が多々あります。

私も過去に極表層を極細カニューレで吸引するという裏ワザ?を駆使しても難しいケースに遭遇したものです。

原理としては深部の脂肪を吸引すると残った表面脂肪が重力で垂れてしまうので、表層の脂肪を吸引して軽くして垂れにくくするというものです。ただし表層にも限界があるので表層脂肪吸引をやりすぎると吸引カニューレの通過した後が、凸凹になったり、皮膚にダメージが来ると色素沈着したりするので、そこが悩ましいところなのです。

Xcell(エクセル)はダイオードレーザーを使って脂肪を燃焼させるのですが、生理的に痩せるのメカニズムと極めて近い原理なので、お尻に使用してもお尻が垂れにくいといった長所があります。

プラス施術として、エクセルのレーザー照射あとに高周波治療器のマルチポーラRFを使ってスキンタイトニング(皮膚の引き締め)していくので

おしりが垂れるリスクは0に近いものであると認識しております。

 

さて前置きが長くなってしまいましたが、

 

エクセル    施術前   →   施術後です。

aa)

どうでしょうか?

お尻の下から横にかけてすっきりして全体的に細く見えますね。

 

このモニターさんに何かダイエットしましたか?って聞いたら

「とくにダイエットはしてませんよー」ですって。。。

 

ホントに「寝てるだけの痩身」ですね。。

 

 

医療痩身機器Xcell(エクセル)についてはこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お気軽にご相談ください 0120-333-929 03-6450-5865
  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談
  • モニター募集